New article of Category

世界中で愛され続け若者に人気のドクターマーチン

09/30/2020

スポンサーリンク

1460 8ホール 名前の由来

ドクターマーチンは、イギリスのエアウェア・インターナショナルLtd.が製造および販売を行っている靴・ブーツのブランド。

主要な製品の1つに、エアークッションの効いたソールを黄色い糸で縫いつけたブーツがある。 ブランド名は、バウンシングソールを考案したドイツ人の軍医である、クラウス・マーチンに由来。 

※考案者は独軍医のクラウス・マルテンス。※マーチンは英語読みにしたもの。

スキー中に足首を負傷したマルテンスは、それまで履いていたミリタリー・ブーツは、痛めた足には硬すぎたため、歩行の際の衝撃を和らげ、足が疲れないソール(靴底)を作ることに。 材料は、戦後の混乱に乗じて手に入れた廃材や皮革などだった。

定番商品の【1460 8ホール】
ドクターマーチン・エアウエア ジャパン公式通販

ファーストモデルでもある1460 8ホールは、誕生から60年近く経つ今も“永遠の定番”として世界中の人々から愛され続けている。

モデル名にある「1460」は、1960年4月1日に生産が始まったことに由来

誕生から最初の数年間は、2ポンドで買えるワーキングブーツとして認知され、主にイギリスの労働者たちに愛用されていました。

そして歴史の流れの中で、さまざまな人々やミュージシャン、サブカルチャー集団に取り入れられながら、イメージの転換がされてきた。

ドクターマーチンが有名になった理由とは?

ドクターマーチン、その名を世に知らしめ、また英国を代表するブランドに躍進させた最も重要な立役者は「ミュージシャン」だったそうだ。

アイデンティティーを主張するアイテムとして、少しづつ若者たちがファッションに取り入れていたが、ミュージシャンがステージでマーチンを履いた事により飛躍的にドクターマーチンが有名になった。

そのステージは1967年の出来事。英ロック・バンド、ザ・フーのピート・タウンゼントは、英北部のショップで、ライブのためにドクターマーチンのブーツを購入。

派手なステージ、パフォーマンスで知られるタウンゼントは、そのステージでも、ドクターマーチンを履いて自由に跳ね回ったそうだ。そのブーツはカメラマンが捉え、ファンの目に飛び込むのに時間はかからなかったという。

柔らかさと、足へのなじみの良さを兼ね備えたこのタフなブーツが、自分のパフォーマンスをより高みへ導いた」と、タウンゼントは絶賛したという。

定番の1460 8ホール ホワイトカラー

定番で愛され続けている1460 8ホールには、ホワイトもあります

ドクターマーチン公式サイトより

ブーツと言えばブラックというイメージが強いですが、ドクターマーチンの定番1460 8ホールには、ホワイトの取り扱いもあります。ブラックの引き締まった強いイメージとは異なり、さらりとシンプル爽やかなイメージを持ちつつも、足元はキリッと引き締まった存在感。

ロックスタイルにもスタイリッシュな着こなしにも組み合わせ可能なホワイトカラーのラインナップはありがたいですよね。

私は、マーチンの1460 8ホールはブラックのみ所有してますが、ホワイトも欲しいと思ってます。爽やかに足元を決めるのに、ホワイトはよいなと思いますね♪


合わせて読みたい記事

ドクターマーチン2020秋のおすすめ

※こちらはサブブログの記事となります。


ブログランキング・にほんブログ村へ